Kedamantan Blog

35歳くらいのおっさんのブログです。

エフェクターはいらない?

どうもケダマンタンですm(_ _)m

 

世間はお盆休みですね・・・

今回はエフェクターのお話をしようと思います。

 

エレキギターを始めるなら、アンプが必要ってのが世間の認識だと思います。そしてそれと同じくらいよく聞くのが“エフェクター”だと思います。

ではこのエフェクターなるものは最初に買わなくていいのかという疑問ですが、結論から言うと必要ありません。(写真は有名なコンパクトエフェクターの一つです。)

BOSS Blues Driver  BD-2

BOSS Blues Driver BD-2

 

 なぜならヘッドフォン・ギター・アンプの中にエフェクターが内蔵されているからです。(勿論、ヘッドフォン・ギター・アンプ(下写真など)を持っている前提の話です)

VOX ヴォックス ヘッドホン・ギター・アンプ アンプラグ2 amPlug 2 AC30

VOX ヴォックス ヘッドホン・ギター・アンプ アンプラグ2 amPlug 2 AC30

 

ですが、アンプとエフェクターを買うならどっちがより優先度が高いかというと

僕の中では断然エフェクターです!

前の記事にも書きましたが、自宅で練習するうえでは、音声の出力部としてのアンプの重要性はかなり低いです。ですが、エフェクターは別です。そのままヘッドフェンから出力が可能です!!(※片耳問題は前の記事を参照)

 

そこで、エフェクターについて簡単に解説

 

楽器屋さんでよく見るエフェクターは大きく分けて二つの種類があります。

 

①コンパクトエフェクター(それぞれのエフェクターの機能は特化しており、シールドで繋げて自由に組み合わせが可能です。)

上で写真の歪系エフェクター(blues driver)の他にも

下の写真のようにコンプレッサーとリバーブイコライザー等々色々なエフェクターがあります。勿論メーカーもBOSS以外にも沢山あります。

BOSS ボス  Reverb RV-6

BOSS ボス  Reverb RV-6

 
BOSS Equalizer  GE-7

BOSS Equalizer GE-7

 

 

②マルチエフェクター(沢山のエフェクターが一個にパッケージされたもの)

ある意味、ヘッドフォン・ギター・アンプはこれを小さくしたものとも言えます。

値段も少し高めですが、ペダルまで付いているところは、ヘッドフォン・ギター・アンプには真似できないところです。

 

①の良い点・・・

それぞれの個体は比較的安価

操作が直感的わかりやすく、細かく設定し易い。

初心者でも自分が好きな音が分かっている人には必要。

 

①の悪い点・・・

それぞれは安いが、集めるとかなり高くなる。

つなぐのに個数分シールドが必要

 

②の良い点・・・

値段は高いが、別々にエフェクターを集めることを考えるとお得

モリー機能が充実していて楽曲中の切り替えに向いている。

ワウペダルがついてるものはワウが楽しめる(楽しい!)

 

②の悪い点・・・

操作が若干難しく、慣れるまで時間がかかる。

結果自分の出したい音が作れない(特に初心者には)

 

最初に戻りますが、

最近では、ヘッドフォン・ギター・アンプの種類も充実し、様々なジャンル向けのタイプがありますので、最初は、ヘッドフォン・ギター・アンプだけで十分楽しめると思います。なにせヘッドフォン・ギター・アンプはその機能の割に安いんです!!

 

ですが、エフェクターを個別に揃えると、音づくりを細かくできるようになります。

それもエレキギター(というより電子楽器全般)の醍醐味ですので、ヘッドフォン・ギター・アンプでなんか物足りなくなったら、エフェクターに手を出すのがいいと思います。